●車両方向


左側が「いの・東京・短崎温泉・大川・はてな崎・相模湖・琉己野・熊谷・林間・立川・秩父側」

右側が「弌歌原・桑津・日手保・小路町・咲山・緑命空港・子案・尾崎・芽が丘・山川・川島・日元峠・無名の丘・妖山口側」



●ED系統  (ディーゼル型車両)


ED1000系

2002年3月に登場。

非電化路線で、自治体と共同して運行されている堤支社の路線で運行される車両。登場時は、単なるディーゼル気動車だったが、少燃料で運行するために2008年から順次、ハイブリッド式に更新され、「VVVFインバータ」制御装置を積んで電気制御となった。

●車両設計

  • 最高設計速度:100km/h
  • 最高営業最高速度:80km/h
  • 起動加速度:2.3km/h/s
  • 機関出力:331kW(450PS)x1(一両)
  • 制御方式:IGBT素子型VVVFインバータ制御
  • 駆動方式:ハイブリッド方式(蓄電池併用電気式)
  • 台車:軸梁式ボルスタレス台車


ED2000系

ED1000系の増結車両として、2004年に登場した。

新潟トランシスで制作された。NDC型を採用している。単行での運行が可能だが、普段は2両つないで、2両編成での運行をしている。また急行用の設備が無いことや構造上の理由から、ハイブリッド車化はされていない。ED1000系との増結が可能でラッシュ時には、4両編成運行も行っている。

●車両設計

  • 最高設計速度:95km/h
  • 最高営業最高速度:80km/h
  • 起動加速度:2.3km/h/s
  • ブレーキ:電気指令式空気ブレーキ
  • 機関出力:257 kW (350 PS) / 2,000 rpm[3](一両)
  • 駆動方式:カミンズ製直列横形6気筒N14Rディーゼルエンジン(液体式)
  • 台車:ボルスタレス空気ばね式
    NF01AD/NF01AT