●会社沿革


  • 1899年8月14日:いの地方で初めての鉄道企業、「維廼電気軌道株式会社」が設立。
  • 1899年10月27日:いの~東川寺間での鉄道敷設の路線免許を取得。
  • 1900年1月12日:東川寺~大川~小田町(現:東京山駅)間の路線免許を取得。
  • 1900年5月7日:いの~東川寺間での営業開始。当時は軌道法に則り、機関車1両+客車1両編成で運行。
  • 1900年7月13日:東川寺~省(現:熱川)間が延伸開業。
  • 1901年6月9日:東京山~果奈(現在:はてな)~いの崎まで路線免許を取得。
  • 1901年9月22日省(現:熱川)~東京山間が延伸開業。
  • 1903年11月1日:軌道の需要拡大から維迺電気軌道が軌道法から鉄道法へ変更し、会社名も維迺急行電気鉄道へ改称。
  • 1904年12月3日:立石電気鉄道が設立し、大和町~立石~果奈に至る路線を免許申請。
  • 1905年:
  • 執筆中・・・
  • 1940年1月27日:陸上交通事業調整法により、海州立石電気鉄道が発足。
  • 1940年11月1日:電気産業を分離し国有化され、いの電力として設立。
  • 1942年2月10日:戦時下における国有化が検討される。
  • 1945年8月15日:ポツダム宣言を受け入れたことにより、国有化については破棄されるが、公共事業として半国有化
  • 1948年4月20日:財閥化を防ぐために、会社構造を見直し、支社方式を採用(第一次海石改革)
  • 1950年10月23日:武蔵高速鉄道計画が実行されて武蔵高速鉄道が子会社として設立。土地買収が始まる。
  • 1962年3月10日:1000系(登場時は10系)運行開始
  • 1964年6月28日:多摩ニュータウン鉄道計画に参画し、多摩電気鉄道を日本住宅公団との合同投資で設立。以後子会社となる。
  • 1966年8月1日:多摩電鉄の渋谷~多摩ニュータウン間、武蔵高速鉄道の渋谷~武蔵栄町~大宮・箱根ヶ崎間が着工。
  • 1972年2月19日:武蔵高速鉄道の渋谷~武蔵栄町~新座間が完全地下区間での開業。箱根ヶ崎~秩父間を免許申請。
  • 1974年4月1日:多摩電鉄の渋谷~多摩ニュータウン間が開業。多摩ニュータウン~橋本~津久井湖間を免許申請。
  • 執筆中・・・
  • 1992年4月1日:日本開発と海州立石電鉄が合併し、日本開発鉄道が設立。
  • 1994年6月2日:東迺トンネルが完成。乗務員訓練が開始
  • 2003年4月1日:「博麗結界内新交通機関審議会」は八雲紫氏と博麗家の出資により、会社化し、「東方幻想郷電鉄」として名称を変更。技術提供先の交渉を開始。

  • 2003年5月10日:日本開発鉄道グループとの交渉により、東方幻想郷電鉄に対し、技術提供や車両設計の共有を決定し、一部業務提携をすることを決定。

  • 2004年3月13日:1100系が運行開始。
  • 2005年4月1日:子会社の武蔵高速鉄道・多摩電鉄が日本開発鉄道関東支社として吸収合併・編入
  • 2005年4月12日:ダイヤ改正により、芽が丘線が開業し、1300系が運行開始。
  • 2008年3月15日:日本開発グループ全会社が利用できる。交通系ICカード「MaChiCa」が導入。
  • 2010年3月13日:「MaChiCa」が「Suica・Pasmo・Icoca・Nimoca・Kitaca・はやかけん・SUGOCA」との相互利用開始。
  • 2013年3月16日:「MaChiCa」の全国交通系ICカード相互利用が開始される。
  • 2014年8月15日:日本開発鉄道が、日本開発グループと分離。新都市総合開拓産業に買収され、大都市総合開発鉄道へ改称。支社方式の見直しにより、いの本社・関東支社・堤支社の3支社構成となる。
  • 2015年3月14日:ダイヤ改正により、新型車両「4000系」が導入。子会社の多摩電鉄が吸収合併され、大都鉄道関東支社の路線となる。
  • 2017年3月25日:萌原線の「萌原~小路町」が延伸開業。
  • 2017年4月1日:東方幻想郷電鉄が債務超過が起き、大都市開発鉄道に株式を90%まで上昇させ、完全子会社化。
  • 2018年1月22日:東方幻想郷電鉄が、大都市開発鉄道に吸収合併。八雲紫氏と博麗霊夢氏の東方幻想郷電鉄の株式を大都市開発鉄道の株式に変更。車両形式や駅名標、矢雲貨物連絡線を旅客化し、相互直通運転を開始すると発表。また東方幻想郷電鉄の管理を大都市開発鉄道幻想郷管轄区に変更。
  • 2018年5月5日:新日本公共交通へ加盟。

●詳細設定


駅名の由来について

 

駅名については、「ご注文はうさぎですか?東方Project(上海アリス幻樂団)ゆるゆりTwitterで投稿されている漫画・名字など」を参考にしている。

 


いの地方の位置

 

いの地方は、大都市総合開発鉄道本社の位置する所である。

以前は設定上、関東地方の南に位置する、小笠原諸島の位置に巨大な大地が存在し、そこが「いの地方」と定義されていたが、他作品の二次創作的目線や土地のスペース的問題から、海ほたる駅付近に存在する異次元ホールの先に存在する設定になっている。


車両基地

  • 北川総合車両基地・車両整備工場 北ソウ K
  • 東川総合車両基地・車両整備工場 東ソウ H
  • 東川総合車両基地所属立石検車区 東タテ T
  • 東川総合車両基地所属大川検車区 東オイ O
  • 北川総合車両基地所属いの検車区 北イノ KI
  • 大久保車両基地         大クボ OK
  • 大和地区総合車両基地      大チク OT
  • 素崎車両管区素崎車庫      素サキ S
  • 素崎車両管区舞浦支所      素ウラ SU
  • 素崎車両管区山崎支所      素ヤマ SY
  • 山川総合車両基地        山ソウ K
  • 和光総合車両基地        和ソウ W
  • 黒沢総合車両基地黒沢検車区   黒ケン KK
  • 黒沢総合車両基地谷塚検車区   黒タニ KT

かつてあった事業

 

D事業(電車でD)

頭文字Dの同人作品であるサークルきよ○氏・ゲームサークル:⭕急電鉄の「電車でD」を元に作られたドライバーレース事業。あまりにも現実的ではないということで、架空社員(架空的なキャラ)を元にした同人と公式による電車でDの作品という扱いとなっている。架空社員はうごメモ時代にオリ棒として作られた。他社からの転属社員もいる。また、NegitukaiTNBにより人化イラスト化を進める予定である。

公式架空社員一覧
  • 白丘(23歳・男)
  • 宿川 吉(29歳・男)
  • 鶴見 普耶(27歳・男)
  • 中之島 滴稼(26歳・女)
  • 鷲宮 菖(25歳・女)
  • 宇和島 健司(26歳・男)※瀬田新急から転職
  • 福井 雷卵 (23歳・女)
  • 佐世保 鴎 (28歳・男)※瀬田新急から転職
  • 逆井 印危 (22歳・男)
  • 絧愛 銅尾 (36歳・男)・早川 錦 (28歳・男)
  • 柳瀬 解&柳瀬 結(24歳・男)
  • 入間 須磨 (24歳・男)
  • 勝沼 紅茶 (27歳・女)
  • 練馬 静香 (23歳・女)
  • 菊名 正年 (歳・男)
  • 海岸 零児 (28歳・男)
  • 東京 札子 (28歳・女)
  • 銀座 尚美 (22歳・女)
  • 東京 成田 (27歳・男)
  • 維木 金谷 (28歳・男)
  • 鹿島 末期 (29歳・女) 鹿島 呉(33歳・男)
  • 東急 莢 (21歳・女) 
  • 山手 鉄矢 (38歳・男) 山手 菊名(29歳・女)
  • 瀬戸海 美馬 (24歳・女) 瀬戸海みかん(24歳・女)
  • 延岡 蒲江 (?歳・女)
  • 流星 七海 (27歳・女)
  • 朝霞 真夜 (?歳・男)
  • 成田 欣二 (28歳・女)
  • 元町 巧海 (27歳・男) 元町 海斗 () ※横浜高速から転属
  • 徳川 竜太 (26歳・男)
  • 誰加 産 (27歳・男)
  • 倉敷 船穂 (24歳・男)
  • 猪川 大豆 (?歳・男)
  • 早川 直美 (22歳・女)
  • 芽が丘 広実 (22歳・女)
  • 旅路 春加 (21歳・女)
  • 高松 節子 (24歳・女) 高松 港助(25歳・男)
  • 横須賀 待一 (?歳・男)
  • 代々木 千春 (?歳・女)
  • 肥薩 蜜柑 (?歳・女) 里急から転職

●東方幻想郷鉄道の歴史


  • 2002年1月7日 八雲紫氏により外部社会の交通機関を取り入れ、一般住民や非飛行妖怪用交通機関として計画し、「博麗結界内新交通機関審議会」を設立する。
  •    3月21日 ルートを決められ、環状ルートと直進ルート路線とし、博麗神社門下から1km先に中央駅を置く計画となる。
  • 2003年4月1日 「博麗結界内新交通機関審議会」は八雲紫氏と博麗家の出資により、会社化し、「東方幻想郷電鉄」として名称を変更。技術提供先の交渉を開始。
  •    5月10日 日本開発グループとの交渉により、東方幻想郷電鉄に対し、技術提供や車両設計の共有を決定し、一部業務提携をすることを決定した。
  • 2004年4月1日 東方幻想郷電鉄のルートの最終決定により、工事が着工開始した。また日本開発鉄道の投資率を60%まで上昇させ、子会社化する。
  •    7月10日 ホームページの開設、及びダイヤについての説明会が行われる。
  • 2005年4月1日 東方幻想郷電鉄の博麗中央駅~八雲屋敷門駅まで開業する。車両は、1100系の設計を利用したT1000系もデビューした。
  •    10月11日ルート計画上の全路線が全面開通した。
  • 2006年10月1日 外の世界との取引の簡略化をするために新矢先駅~八雲屋敷門駅間に「矢雲貨物連絡線」を開通させる。
  • 2012年3月20日 T1000系の追加増備車(日本開発鉄道2100系にベースを変更)T1000系5000番台が登場
  • 2014年3月15日 ダイヤ改正実施により、T4000系が増発用にデビュー。
  • 2017年4月1日 東方幻想郷電鉄が債務超過が起きてしまい大都市開発鉄道に株式を90%まで上昇させ、完全子会社化
  • 2018年1月22日 東方幻想郷電鉄が、大都市開発鉄道に吸収合併。八雲紫氏と博麗霊夢氏の東方幻想郷電鉄の株式を大都市開発鉄道の株式に変更。
  • 車両形式や駅名標、矢雲貨物連絡線を旅客化し、相互直通運転を開始すると発表。また東方幻想郷電鉄の管理を大都市開発鉄道幻想郷管轄区に変更。同時にHPも閉鎖

前身会社時代のロゴ


  • 左は日本開発グループ時代(1992年~)のロゴ
  • 右は海州立石鉄道時代(1940年~・ロゴ使用は1980年~)のロゴ