CSRについて


大都鉄道では、社員・環境・乗客に優しい会社を目指しております。
CSRとは、企業の社会的責任(Corporate Social Responsibility)であり、架空の会社でも厳守しないといけない活動となっております。そういった活動や方針を皆さんに紹介・告示するためのページとなっております。



深夜運転


他社では、深夜での運行列車が増加傾向となっておりますが、社員負担増加がとても多くなるために深夜運転については原則、最終列車は、23時48分までとさせてもらいます。もしも、最終列車に乗り遅れた場合は駅出入口でのベンチ・自動販売機を設置しておりますので、始発列車まで待ってもらえるように宜しくお願いします。

(夜行・臨時列車は除きます。)


女性専用車両


大都鉄道では、女性専用車両の導入がされておりますが、男性乗客が冤罪をかけられる事態が増加したことや監視カメラシステムの発展・憲法上の男女差別の撤廃に反しておるのではないかという社内外からの指摘を受けており、将来的には女性専用車両の廃止を行う予定となります。変わりの対策としては、監視カメラシステムを全号車・車両に導入し、より監視を強化させてもらいます。ご理解とご協力をお願い申し上げます。


環境にやさしい設備


近年は、地球の異常気象が多くなり、災害の防止・排出ガス量の低下・環境にやさしい取組みを行うことに世界中が奮闘しております。当社では、導入車両のVVVFインバータ制御方式による排出二酸化炭素・電力の低下を代表し、数々の対策しております。また駅構内についても観葉植物などの導入・アスベスト使用施設の撤去・環境にやさしい塗装剤などを行っております。今では、深夜運転減少による対策でのベンチ・自動販売機の設置・今現在、全駅での構内改装を行っており、観葉植物・塗装剤の変更を行っております。


皆に優しい利用しやすい設備を目指して


大都鉄道では、様々な方へ利用しやすい設備として、海外からいらっしゃった方のために多言語対応したLED・液晶・自動放送案内装置、エレベーター・エスカレーターの設置を行っております。また2012年から登場した2100系を境に、全車両・号車に優先席・多目的スペースを設置しました。それにより、車椅子・ベビーカーでの利用も可能となっております。また、設備のご案内では、点字を用いた説明も整備しており、誰でも使いやすい設備の設置を行っております。また飲酒・喫煙を決められたスペース以外では、終日禁止として他の乗客に迷惑がかからないルールの制定を行っております。


鉄道を撮影・録音等する方へのお願い


以下のルールを守って撮影してください。ご協力をお願い申し上げます。

 

・駅構内・車内でのフラッシュ・黄色線の内側・長い棒での撮影・録音などの禁止

・車内で他のお客様に迷惑をかけないような撮影・録音

・私有地・線路内への侵入を行わない。物を傷つけない

・他の乗客・周辺住民・他の撮影・録音者の妨害行為・暴力の禁止

 

当社の対応については、駅ホーム車端部の黄色線延長による撮影がしやすい環境作り、録音についてもDVD・CDの販売や録音しやすい工夫、鉄道ファン・オタク向けの臨時列車の運行・イベントの実施を行っております。他に質問がある方は、当社HPの質問箱に書き込んでくださると対策がしやすくなります。ご理解とご協力をお願いします。