企業向け情報



準備中です。


新型形式5000系の技術提供・技術投与について

 

(2018年7月31日)

 

 

 

●技術投与について

 

●募集期限

2018年12月1日まで

 

●応募方法

・新日本公共交通掲示板

・新日本公共交通伝言板

・私のTwitterのダイレクトメッセージ(DM)

のどれか一つにて参加意思を伝えます。

 

 

※5000系 概要

 

軌間幅:1067mm(狭軌)

設計最高運転速度:130km/h/s

営業最高運転速度:120km/h/s

起動加速度:3.0km/h/s(Amode)3.5km/h/s(BMode)

常用非常用減速度:5.0km/h/s

制御装置:(可変電圧可変周波数)VVVFインバータ制御フルSIC-MOSFET・SBD素子(大都鉄道初採用)

主電動機:かご形三相誘導電動機 主電動機出力:190kW

保安装置:大都式ATC(D-ATC)

車内重量:23.2~32.5t

ブレーキ方式:回生ブレーキ共用電気指令式ブレーキ・全電気式ブレーキ

台車:大都式軸梁式ボルスタレス台車

駆動方式:TD平行カルダン駆動方式 電気方式:直流1500V・交流20000V(50/60Hz)

規格:Sustina(総合車両製作所) + Futuristic Technology(開発鉄道車輌)

車体:第5世代ステンレス車体

製造:総合車両製作所・開発鉄道車輌

 

4000系との違い

 

・SIV(静止インバータ)を東芝製SIC素子型へ変更

・クーラーをJR東日本E235形型に変更

・バッテリー(非常時蓄電池)が小型化・大容量化

 

 

技術投与について

 

・前面デザインの多少の変更は必ず行うこと。デザインはフリーダムでどうぞ

・2019年3月16日以降のデビュー(導入)にすること。

(乗車員訓練実施のためにいち早く落成してもよいですが、でも営業運転にはついてはいけません。)

・デザインは、8月中に制作し、制作完了以降順次提供します。

・元となるデザイン(側面図)・側面図は私から提供します。

・また製作会社元として大都市総合開発鉄道または大都鉄道・開発鉄道車輌を貼ってください

・著作権についてはこちら

 

※パソコン(windows)がない場合は、相談して制作いたします。

※パソコン(windows)をお持ちの方はMSペイントで編集することをおすすめします。

※ライナー車化なども依頼受けます。シート・扉数・軌間幅・パンタグラフ・電化方式の変更も可能です。

※要望がある場合、側面図・前面図に開発鉄道車輌マークを付与します。


※技術投与を容認している方のみご利用が可能です。