会社情報


・選択項目




概要


この鉄道会社は架空の会社です。現実の会社とは一切関係はありません。

2011年8月にNegitukaiTNBが、DSiウェア「うごくメモ帳」で投稿した「うごメモ鉄道」から始まり、以降、設定を変えてきた架空鉄道です。公式的に、大都市総合開発鉄道へ固まったのは、2014年8月14日で、「うごくメモ帳3D」でも公式資料集が作られました。非現実的設定が存在していましたが、今現在では、現実設定に変更し、今現在は、鉄道車両の整理・資料の作成を行っております。

鉄道車両は、グループ会社の「総合開発鉄道車輌」によって開発された車両や、他社から譲渡された車両、他鉄道車両製造業で開発された車両が存在します。主に20M級の車両が主流ですが、18M級車も運行・所有しております。

路線網は、路線も多く存在します。その原因は、さまざまな鉄道会社を吸収合併していたからです。大規模な路線網を要するために、大都市総合開発鉄道は、いの地方の大企業「新都市総合開拓産業」の鉄道部門グループの子会社として所属しております。車両紹介規格は、うごくメモ帳3D(さすけ氏)規格と独自規格となっております。

 


会社概要


会社名     :大都市総合開発鉄道株式会社

英記会社名   :Big City synthesis Development Railway Co.Ltd

社長取締役   :NegitukaTNB

設立日     :2014年8月14日設立

本社住所    :維廼県いの市中央区栄町1-11-1

資本金     :575億2774万円

旅客営業キロ  :997.25km【内訳:698.4km(いの支社)・275.9km(関東支社)・22.95km(堤支社)】

車両軌間幅   :1067mm

保有車両数   :(計算中)両

公式ホームページ:https://daitorailways-dreamrail.themedia.jp/

コピライト表示 :©Copyright 2011- Negitukai DaitoRailways.Co.Ltd

        :©DAITO RAILWAY.Co.Ltd

主要株主    :新都市総合開拓産業93.3%・個人投資:6.77%


キャッチフレーズ


大きな町も 小さな町も 繋ぐ会社に


ロゴマークの意味


「緑の部分が町と町を結ぶこと・青の部分がさらなる進化と成長を・赤の部分が基盤と常識を・黄の部分は、お客様へのやさしい対応」をそれぞれ多角的価値観で表せるように赤・青・緑・黄を採用しております。


社名変更の変革


維廼電気軌道→東武鉄道いの支社

→(うごメモ鉄道・緑命鉄道と合併)海州立石電気鉄道

→日本開発鉄道(日本開発グループの所属会社)

→大都市総合開発鉄道(新都市総合開拓産業)


会社構成


  • いの本社
  • 関東支社
  • 堤支社(地元自治体との第3セクター会社として存在)
子会社
  • 大川電鉄
  • 切崖電鉄
  • いの地下鉄
  • 八王子市営地下鉄
  • 立花交通局
  • 湾岸幕張新都心鉄道
車輌製造
  • 総合開発鉄道車輌製造(工場は北川総合車両基地内)
親会社
  • 新都市総合開拓産業

加盟団体


  • KaKuKa
  • 新日本公共交通
  • G+架空鉄道連合会

姉妹協定


  • 綾鉄グループ(綾子急行電鉄)
  • NJAE(NEW JAPAN ACCESS EXPRESS)

素材提供者・協力会社


  • さすけさん(車両企画・原型)
  • smail30(現:スモールなFR)さん(当社への技術投与)
  • 京浜さん(颯鉄道・当社への車両譲渡)
  • カイカキさん(JR中部・当社への車両譲渡)
  • I-oriさん(常止電鉄・当社への車両譲渡)
  • デザティアさん(京山山と森の里鉄道・技術投与)
  • yositatu12さん(KaKuKa運営)
  • Shinkaisokuさん((久急・当社への技術投与)
  • yokosukaさん(横須賀急行・当社への車両譲渡・技術投与)
  • OER 3100さん(鶴が丘急行電鉄・当社への技術投与)
  • ようかんさん(帝都大東京電鉄・車両素材提供)
  • Kaitoさん(潮崎急行・横浜高速鉄道・当社への技術投与)

会社沿革


こちらのページで公開しております。