交通系ICカード  MaChiCa


MaChiCa


大都鉄道では、前身会社「日本開発鉄道」から引き続き、IC乗車券「MaChiCa」を提供しております。MaChiCaは、2008年3月15日から前身会社「日本開発グループ」がサービスを開始したIC乗車券です。2010年3月13日から、「Suica・Pasmo・Icoca・Nimoca・Kitaca・はやかけん・SUGOCA」との相互利用を開始し、2013年3月16日には、全国交通系ICカードの相互利用を開始しました。2018年5月5日からは、KaKuKaに加盟し、KaKuKa加盟区間でご利用ができます。(KaKuKa相互利用エリアではご利用は出来ません。)



定期券・通学定期券・回数券版も

あり、仕事にも学校にも使えます。

いの地方で対応店舗数「約70000店」を突破。対応する店も増加傾向です。

対応ICカード・事業者はこちら(拡大参照)

交通系ICカード相互利用サービスに対応

架空鉄道ICカード「KakuKa対応」

※PiTaPaの後払いサービスなど、
一部のサービスには対応しておりません。

※KaKuKaについては、こちら

※交通系ICカード相互利用サービスについては、こちら

当社の路線は、関東地方エリアと一体化しているために、他社線の路線から、関東支社エリアへの路線へ乗り換える際に連絡改札を通っても、駅を降りることもなく、いの本社も含む全エリアで直接利用ができます。

 

クレジットカード・預金口座があれば、自社エリア内でのオートチャージにも対応しております。

※記名式・通勤・通学型のみ対応。

窓口での登録が必要となります。



●お求め方法

非記名式・記名式

 

①販売場所

全駅の自動切符販売機

定期・通学定期・回数券付

 

①販売場所

販売駅窓口(年度内の更新は、自動切符販売機でも可能)


②購入料金

  • デポジット500円+1000・2000・5000・10000円での購入が可能です。
  • チャージは、全駅の自動券売機で、10円単位で追加することができます。

③注意事項

  • チャージ料金の上限額は20000円です。
  • 記名式MaChiCaで、記名者以外が使用するのは規約違反となります。
  • ICカード紛失による再発行・払い戻しには手数料が掛かります。予め御了承ください。
  • ICカードの劣化で、新しいICカードへ交換することは無料です。
  • 最後の利用から10年間利用されていない場合はICカードの利用が失効となります。

 

④相互利用エリアでの扱いについて

  • 各エリアをまたいでのご利用はできません。相互利用をおこなう各エリア内でご利用いただけますが、異なるエリア間をまたぐご乗車の際にはご利用いただけません。この場合は、あらかじめ乗車券等をお買い求めの上ご利用ください。
  • 紛失・障害再発行に関するお取扱いは、各ICカード事業者にて承ります。ICカードの紛失や使えなくなってしまった場合の再発行登録のお申込み、および再発行のお取扱いは、各ICカード事業者の駅や営業所等にて承ります。他エリアのICカードの再発行のお取扱いはいたしませんのでご了承ください。
  • PASMO・Suica・MaChiCaについてはそれぞれの事業者間相互で、再発行登録のお申込みのみ承ります。なお、お申込み後の再発行のお取扱いは各ICカード事業者にて承ります。
  • 他エリアでのご利用の際、オートチャージサービスは行われません。オートチャージサービスが設定されたICカードを、他エリアでご利用の際はオートチャージされませんので、ご利用の際はSF残額にご注意ください。
  • ICカードに他エリアの定期券を載せることはできません。定期券は、ご利用になるエリアで発行しているICカードにのみ載せることができます。
  • 以下のお手続きは、各ICカード事業者にてお取扱いいたします。
  ・小児用ICカードの大人用への変更
  ・ICカードの払いもどし

 ご利用時のルール

  • 全国相互利用時、鉄道・バスでは利用したICカードの種類にかかわらず、ご利用になった鉄道・バス事業者の規則が適用されます。また、電子マネーでの利用の際は、利用したエリアにかかわらず、ICカード発行事業者の規則が適用されます。
※「PASMO」は、株式会社パスモの登録商標です。
※「Suica」は、東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
※「MaChiCa」は、大都市総合開発鉄道株式会社の登録商標(架空)です。